ヒーリング・マナ・カフナ 山形 レイキ 癒し 代替医療 大岡波動研究所

ヒーリング マナ カフナ トップページヒーリング マナ カフナ エナジーポーリングヒーリング マナ カフナ ヒーリンググッズヒーリング マナ カフナ お問い合わせヒーリング マナ カフナ アクセス

奇跡の聖地

大岡波動研究所グループが、 大岡波動研究所・ヒーリング Mana Kahuna・DSスピリチュアル スクール 大移動!! 山形の聖なる『まんだらの里』へ 山形の聖地
世界でも珍しい「菱形まんだらの里」
作谷沢地区のまんだらの里とは

奇跡の聖地がよみがえった!!

大蕨のワーク センターを開設して間もなく、早朝に瞑想してみました。

瞑想をしていたら、数年前に青い龍神さんから
『そなたの"新しい聖域の場"はもう決まってある。』と言われたことを思い出しました。

それが、この大蕨というところなんだなー。と思っていたら、「菱形のまんだら」の中に、ねむっていた神霊さんたちが、今よみがえり、その場が聖域となるさまが感じ取れました。

新たな形・体系となって神霊さんたちがよみがえったのだということがいっそう強く感じ取れるようになったのです。

● 「菱形まんだら」について

(参考文献は「まんだら世界の民話」で著者は鳥兎沼宏之先生です。) 引用させていただきました。

ありがとうございます。

…… このように、作谷沢地区の特徴ある地名を集めてみると、この山中を舞台に活躍した修験者たちの姿が浮かびあがってくる。

ただ修行するだけでなく、地の利を見分け、田畑を開き、湧き水を利用して用水路や溜池を造り、金属を採取するという技術を駆使して、たくましく開拓を進め、山野を人間の住める土地に造り変えていった人たちである。

私には、その人たちは、今日ではちょっと考えもつかないような、とてつもない技術を持っていたように思われてならない。

それは、もともとは、祈りの場としての霊場を構築するという目的で進められたが、それが同時に人間が住む場所の開拓ということにもつながったのだ。

祈りというものの持つ着想のすばらしさ、集団結集力のものすごさを考え直し、とらえ直してみる必要があるのではないだろうか。

作谷沢地区にのこる伝承を調査して行く中で、私はおどろくべき事実に突き当たった。

それは、この周辺一帯が、おそらくは平安中期頃に、曼荼羅(まんだら)の世界として土木工事によって構築されたのでないかという疑問である。

この前提にたって知名を考えてみると、きちっと当てはまることにおどろかされるのである。

やがてそのうち、もっときちんとした形で明らかにしたいと思うが、その全体像は、次のように雄大なものであった。

白鷹山と東黒森の山頂を線で結んで延長すると雷山(いかずちやま)につき当たる。今度は、白鷹山と西黒森の山頂を結んで延長すると、ふしぎなことに三宝荒神のある丸森山にぶっつかる。白鷹山から雷山まで約4,850メートル、白鷹山から丸森山までも約4,850メートル、ほとんど同じと言ってもよい。

雷山と丸森山の間は約2,750メートル、これを直線で結ぶと、きれいな二等辺三角形が描かれる。

雷山と丸森山のちょうど中間点にしるしをつけてみると、虚空蔵(平林山)の南側中腹にある勢至堂に重なる。このお堂は、中世の作と推定される鉄製の懸仏(かけぼとけ)がまつられてある古い建築物である。

白鷹山頂とこの勢至堂を結んで、ずうっと北の方に延長してみた。すると、なんと、山辺町面白(おもしろ)の東側にある<神山>に突き当たったのである。<神山>とは、その名の通り、神の座し給う聖なる山という意味であろう。

雷山から神山までも約4,850メートル、丸森山から神山までも、約4,850メートル、まったく同じである。白鷹山から神山までの直線距離は、約9,300メートルである。

こうして、実にみごとな菱形図形が地図上に出現したのである。

この菱形のたて軸は、南北線から32度北の方が東に傾いている。そして、このたて軸上に、三嶋明神と勢至堂、および地名にだけ残る仏法坊がある。

こう考えてあらためて見直してみると、この聖なる菱形で区別される境界線上に石仏が集中して分布し、地名も、それと関連しているのがわかるのである。

まさしく、この菱形の内部は、曼荼羅を現出した小世界であるということに、私の思いは到達したのである。

山のてっぺんのまんだら世界。

これこそ、感情豊かな青年期の私を涙ぐませたものであったのだ。

☆ ネットで検索しよう……「鳥兎沼宏之先生の著作品」を!!

そうしたら、このダイオカ・グループの地番を数霊で調べてみたくなりました。

参考文献は「数霊力で臨む未来を選びとる」で、著者ははせくらみゆき先生・深田剛史先生です。

ここの地番は、大蕨921 です。

そこでまず、9と2と1は、どんな意味があるのだろう。

9 の意味は三六九(みろく)の世界の橋渡しとなる数霊。一の位での最高数を示すため、1〜8までのすべての要素を内包し、完成へと向けての完結を示す。

形霊

3方陣は1〜9までの数で成り立ち、もっとも簡素化されたマンダラである。3方陣を発展させた9方陣は1〜81(光)までの数でミロクの世を表しており、その素になるのが9です。9は社会や国家をまとめるための豊かさと教養を示す数。また9は龍神と深い縁を持つ。

2 の意味は陰陽、分離を表し、一なる世界から二極に分かれていく様を示す数霊。火と水、表裏といったように、二極に分かれることで現実界へ現れていく。

形霊

ヒ・フ・ミのフは「風」。霊止である一人一人が世の中にどのような風を吹かすかで、国家の進む方向性が定まってきます。風は何色でしょうか? 世を想い、人を想って自分らしさで吹かせる風は、愛のこもった自分色。

1 の意味は物事の始まりを示す数霊。原初の響き。霊(ヒ)・陽(ヒ)とも書き、存在の本質は霊(ひ)からできていることを表している。

形霊

ヒ・フ・ミのヒは「火」であり、「霊」。「霊止」は玉し霊が肉体に宿った状態であり、その玉し霊こそが神(大自然)からの分けミタマ。まずは自分の存在が宇宙に在ることからすべては始まる。唯一無二の存在として。

では、9+2+1=12ではどんな意味になるのだろう。

12 の意味は12は宇宙の法則性に潜む基礎数となります。12星座や十二支、時計の短針の一周など、自然界は10よりも12を一単位としてその倍音で進むほうを好むようです。この数霊は大自然の氣と一体になり、その一部としてパワーを発揮することができる調和と発展性のエネルギーに満ちています。
 

形霊

 印可・麻・王冠・恋・呼応・沖・縁故、

12を1+2=3 とした場合は、

3 の意味は一つの完成を示す数霊。ものごとの理(ことわり)をなす。バランスよく調和され、かたちが作られていくと同時に、二極に分かれたものに新たなる一極の力が加わり、発展させていく資質も持っている。

形霊

ヒ・フ・ミのミは「水」であり「身」。三次元の肉体世界は、身(体)をいかに使うかで発展する世界。そのハタラキを左右するのが"体・心・霊"のバランスです。「身」に流れる「水」が清らかであれば体・心・霊が一致した三位一体。3の性質としては"調和""安定"。

それでは、「カタカムナ的数霊」を調べてみると。以下の結果が出ました。

参考文献は「カタカムナ 数霊の超叡智」で、著者は越智啓子先生です。

上記の数字を若い順に並べてカタカムナ的な解釈を書いてみます。

1「ヒ」 根源から出る・根源へと入る

カタカムナの48音は、次元数1の「ヒ」から始まっています。これは、すべてがヒ=1次元のヒモであることを示唆しています。宇宙はヒモからできているという「超ヒモ理論」と同じかもしれません。

ヒモが描いたトーラスの内か外のどちらにいるかで、「根源から出る」か、「根源へと戻る」かが決まります。

普通、最初は根源から始まるので、優勢なのは、「根源から出る」のほうですが、トーラスとは永遠循環する装置、出たものは、また必ず入っていくので、たとえどちらを使っても間違いにはなりません。

2  「フ」 増える・負(=振動)

先ほど、すべては1次元のヒモからできていると言いましたが、実はじっとしているヒモはありません。すべてが振動しています。たくさんのヒモが縦横につながって振動すると、それは共振を起こし、2次元の膜になります。この意味で、宇宙のベースは2次元でできていると言えます。この2次元の膜のことを、カタカムナでは「アマ=天」と呼んでいます。「あらゆるところの間」という意味で、アマとは「すべて=宇宙」という意味です。

この意味で、カタカムナは、超ヒモ理論であり、同時に、膜理論とも言えるかもしれません。膜理論は「M理論」とも呼ばれているそうです。まさに「M=間=マ」です。フの思念「増える・負」とは、まるで真逆のことを言っているようですが、宇宙は常にゼロに戻ろうとしてエネルギーが動いています。増えたところを見ると増えたと思うし、減ったところに視点をやると減った(負)と見ているだけなのです。常にこの2 つが1セットなので、「フ=2」を「振動」と訳すこともできます。

3  「ミ」 実体・光

フ(二)が回転しだしたものです。空間ができます。

すべての物質・身体は「光」でできていることは科学的にも証明されているようです。物質を作っているものが光の空間「ミ」なのです。ゆえに、「身=ミ」とは光であり、実体と訳します。そしてその光は自身の根源から生まれています。また、ミは数字で「サン=三」と言いますね。

思念では、同じ音声は同じ思念と本質を持ちます。それは英語であろうと同じ。太陽のことを「SUN」というのは、太陽が光の源だからです。それに私たちが、お互いの名前に「〜さん」とつけて呼び合うのも、相手が光の存在であり、それぞれの中心には光の根源「太陽」が存在することを暗に示しているからでしょう。言葉とは、人間が理解して作っているものではなく、本質から湧いてくる振動が、そう呼ばせていると考えるほうが正しいと思います。だからすべての言葉は、ある一定の法則に従って読み解くことができるし、一定の法則である言霊、数霊を持っているのです。

9  「テ」 発信・放射

テの「発信・放射」とは、何らかの情報を意図を持って出すことです。発信なので、受信者がどこかにいることになります。そして受信されれば、また返信が返ってくる可能性があります。

濁音の「デ」は、外に軌道を作って、その中に発信・放射することです。電車、電子、電話など、デがつくものは、線路や、軌道、回線を作ってその中で発信・放射していますね。

12 「ル」 溜まる・止まる

ルとは、中央で、プラス、マイナスのエネルギーが拮抗して動きが止まることです。この止まっている瞬間を「今」と言います。エネルギーがもっとも消費されます。24時間でいうと、お昼の12時です。12時を零時というのも、このルの思念を表しています。エネルギーがもっとも強くなり、今度は夕方へと向けて反転を起こすときですね。

この数霊を読んだ後で、私は以下のように解釈いたしました。

まず、数霊を若い数霊順に並べてみると、1、2、3、 9、12(言霊:ヒ、フ、ミ、 テ、ル)となります。

この言霊を解釈してみると、

ことのはじまりに光が実体化し増幅され、その実体化された光が 超強力パワースポット(ゼロ化)となり、現代の全宇宙(大小の宇宙)に言霊や数霊となって放射・発信されてとどまる、その後 結果が返信される場所である。

別の言い方をすると、

● ことのはじまりに光が実体化(物質・身体)して増幅・覚醒し、より以上の進化をし続け、現代のすべての宇宙(大小の)に放射 発信してとどまる。 その後 結果が返信される場所である。

ページ上部へ

ヒーリング Mana・Kahuna